コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米穀検査 ベイコクケンサ

1件 の用語解説(米穀検査の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

べいこく‐けんさ【米穀検査】

生産者が生産した米穀の量目・荷造り・包装・品位および成分に関する検査。農産物検査法に基づいて、農林水産大臣の登録を受けた検査登録機関が行う。→農産物検査

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の米穀検査の言及

【農産物検査】より


[検査の種類]
 日本近代の農産物検査は,米が流通市場に出回るようになり,産地別に銘柄と格付けがなされるようになったことに始まる。大正初期には米産地の郡農会・町村農会などで検査が行われていたが,中期には府県庁が府県営で行うようになり,また全国的に米穀検査が行われるようになった。その後,麦など検査品目も増え,また米穀の国家管理強化の流れのなかで,1942年以降は食糧管理法による国営検査に移行した。…

※「米穀検査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米穀検査の関連情報