コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米穀検査 ベイコクケンサ

デジタル大辞泉の解説

べいこく‐けんさ【米穀検査】

生産者が生産した米穀の量目・荷造り・包装・品位および成分に関する検査。農産物検査法に基づいて、農林水産大臣の登録を受けた検査登録機関が行う。→農産物検査

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の米穀検査の言及

【農産物検査】より


[検査の種類]
 日本近代の農産物検査は,米が流通市場に出回るようになり,産地別に銘柄と格付けがなされるようになったことに始まる。大正初期には米産地の郡農会・町村農会などで検査が行われていたが,中期には府県庁が府県営で行うようになり,また全国的に米穀検査が行われるようになった。その後,麦など検査品目も増え,また米穀の国家管理強化の流れのなかで,1942年以降は食糧管理法による国営検査に移行した。…

※「米穀検査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

米穀検査の関連キーワード板原 伝小作争議着色粒一等米大石大三等米二等米被害粒未熟粒整粒死米