コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農産物検査法 ノウサンブツケンサホウ

デジタル大辞泉の解説

のうさんぶつけんさ‐ほう〔‐ハフ〕【農産物検査法】

農産物の検査について定めた法律穀・麦などの農産物に一定の規格を定め、品質改善や公正円滑な取引を促進することが目的。昭和26年(1951)制定。→農産物検査

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

農産物検査法【のうさんぶつけんさほう】

農産物の公正円滑な取引と品質改善をねらいとして国が統一規格で検査することを定めた法律(1951年公布)。米麦類の強制検査,豆類雑穀いも類工芸作物等26品目の任意検査,それ以外の品目に関する都道府県からの依頼検査を行っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の農産物検査法の言及

【農産物検査】より

…その後,麦など検査品目も増え,また米穀の国家管理強化の流れのなかで,1942年以降は食糧管理法による国営検査に移行した。現在は,農産物検査法(1951公布)に基づいて政府が行う検査,〈農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律〉(1950年公布の農林物資規格法を70年に改称)に基づき,法令に定められた規格・格付機関により行われる検査,政府が行政指導の一環として定めた規格等により生産者団体等の民間機関が行う検査,がある。第1の農産物検査法は,第2次大戦前に政府が流通合理化や食糧管理のため行った強制検査を受けて1951年に制定されたもので,現在米麦類の強制検査,豆類・雑穀・いも類・工芸作物等の任意検査,それ以外の品目に関する都道府県からの依頼検査を行っている。…

※「農産物検査法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

農産物検査法の関連キーワード食糧管理制度穀物検査銘柄品種印紙納付米穀検査銘柄米1等米

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android