コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粉引茶碗 こひきぢゃわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粉引茶碗
こひきぢゃわん

高麗茶碗の一種。粉吹 (こぶき) とも呼ばれる。鉄分の多い素地 (きじ) に白土をかけ,その上に透明釉をかけた白色の茶碗で,その色調が粉を吹いたような感じに見えるのでこの名がある。やわらかい白の肌合いに特色があり,底に貝殻痕のついた高台 (こうだい) がつき,白土の刷毛目に釉 (うわぐすり) のかけ残しのある (火間という) 点が味わいどころとされる。李朝前半期に慶尚南道地方で焼かれ,日本に輸出されたと推定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

粉引茶碗の関連キーワード雨漏手粉引

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粉引茶碗の関連情報