粉飾決算問題(読み)ふんしょくけっさんもんだい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

粉飾決算問題

企業が、貸借対照表や損益計算書の数字をごまかして決算し、公表すること。多くの場合、経営状態のよくないことを隠し、良い状態であるように粉飾する。その目的は、表面的にでも経営状態を取り繕うことで、株式の低下、資金繰りの悪化、入札の競争力の低下を回避することである。また時には、決算を実際よりも悪い状態に偽装して、脱税を行なう事例もみられる。粉飾決算の有名な事例としてアメリカのエンロン、日本のカネボウなどがある。1990年代から、倒産した後に粉飾決算していたことがばれる事例が相次ぎ、企業のコンプライアンスの軽視が問題になった。そのため近年、粉飾決算への厳罰化が進んでいる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android