コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗供養 そくよう

献辞辞典の解説

粗供養

文字通り供養を頂いたことに対するお返しの粗品という意味合 いがあり、特に西日本地区で多く用いられるもので、仏教の通夜・葬儀告別式・法要時の際に、 喪家より出席者や弔慰金品を頂いた先様に対して贈る香奠返し表書き献辞(上書き)に用い られます。

出典 (株)ササガワ献辞辞典について 情報

粗供養の関連キーワード会葬礼状

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粗供養の関連情報