香典返し(読み)コウデンガエシ

とっさの日本語便利帳の解説

香典返し

香典返しは、半返しといって、いただいた金額半分に相当する品物を、四十九日が済んだ後に送る。品物は、お茶、のり、せっけんなど、使ってなくなる物がよいとされる。香典返しの品物が送られてきても、これには返事手紙を出さないことになっている。遺族に悲しみを思い出させないため。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

葬儀辞典の解説

香典返し

香典をいただいた方に、挨拶状を添えてお返しする品物。一般には四十九日の忌明けの法要後に送りますが、当日返しとして告別式のときに渡す場合もあります。お返しはいただいた金額の半分から3分の1くらいが目安です。

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android