コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通夜 つや

10件 の用語解説(通夜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通夜
つや

字義は夜通しということであるが,一般には神祭りや祈願のためのお籠りをいう場合と,人が死んでから葬儀を行うまでの間,近親者が死体のそばで見守って夜を過すことをいう場合とがあり,特に後者を示すことが普通になってきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つう‐や【通夜】

夜どおし。一晩じゅう。「通夜の宴」「通夜運行」
つや(通夜)

つ‐や【通夜】

死者を葬る前に家族・知人などが集まり、終夜なきがらのそばで過ごし、冥福(めいふく)を祈ること。おつや。
神社や仏堂にこもって終夜祈願すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

通夜【つうや】

通夜(つや)

通夜【つや】

〈つうや〉〈よとぎ〉とも。死者のそばで夜をあかすこと。喪屋(もや)の生活のなごりと考えられ,兵庫県や鳥取県の一部では,死者の配偶者または親や子が,一夜遺体に一つ蒲団(ふとん)で添い寝する習俗も近年までみられた。
→関連項目葬制

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

通夜

昔は死を確認する技術が稚拙であったので、死んだと判定された者が生き返る例が多かった。そこで死体の監視をする必要があり、それが通夜の儀式であった。一人で死体を監視するのは怖いもので、大勢で陽気に飲食をしながら通夜をした。通夜が故人の冥福を祈るまじめな儀式になったのは、近代になってから。最近は、内輪の者だけでする仮通夜と、一般の弔問を受ける本通夜の、二度の通夜が行われることが多い。もっとも、本通夜といっても、一般の弔問者は夜九時頃には帰る半通夜である。また、通夜に限らず葬送儀礼には地域差が大きい。北海道などでは、本葬よりも通夜の方が重要視されている。一般の弔問者は通夜に出た方がよいとされる。しかし、本来の通夜は、親族だけが行ったもの。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典の解説

通夜

遺族、親族、知人が夜を徹して死者の霊を慰めるものです。近年、通夜に一般の弔問客を迎えるようになり、夏は7時、冬は6時頃から1、2時間程度行われる「半通夜」になっています。通夜は僧侶の読経で始まり、その間に焼香をします。参列者全員の焼香が済むと、通夜は終了します。=夜伽(よとぎ)

出典|葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版の解説

つや【通夜】

夜伽(よとぎ)ともいい,近親者が死者のそばにあって一晩をあかすこと。現在では夜の7時ころに行う簡単な仏事をさしている。しかし,今でも最初の夜は仮通夜といい近親者のみで行い,2日目に本通夜を行うところがある(岐阜,滋賀)。山口県大島などでは,死者のかたわらで夜伽することを〈添寝〉といい,また,対馬の阿連では夜伽のことをドシといって,死者を入れた三隅蚊帳の外で,〈火がかり〉の者が寝たりするので,通夜は古代の喪屋のなごりであると考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つうや【通夜】

夜通し。一晩中。徹夜。
つや(通夜) 」に同じ。

つや【通夜】

死者を葬る前に、親類・知人が集まり、死者とともに終夜過ごすこと。また、宵のうちに行う葬送の法要。お伽とぎ。夜伽。おつや。
寺社にこもって終夜祈願すること。 「下の御やしろに-したる夜/宇治拾遺 4

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通夜の関連キーワード航海術コンファーム残量実検稚拙稚拙美不存在確認試し刷村田英晤あて馬 (teaser)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通夜の関連情報