コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通夜 つや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通夜
つや

字義は夜通しということであるが,一般には神祭りや祈願のためのお籠りをいう場合と,人が死んでから葬儀を行うまでの間,近親者が死体のそばで見守って夜を過すことをいう場合とがあり,特に後者を示すことが普通になってきた。死後の通夜は,不安定な死者の霊を見守り,また邪霊などの接近を防ぐことが本来の目的で,ときには死者が息を吹返す可能性もあったとされ,少数の最近親者が夜通し起き明かした。しかし葬儀全般の運営が葬式組など地域集団の相互扶助的な性格を強めるに伴い,葬儀に先立って通夜の弔問が一般的となり,近隣縁者が飲食物を持寄り,葬家においても相当の接待を行い,深夜に及ばない時刻をもって通夜を打切ることが慣習となった。また,かつては死者のまわりに枕屏風をめぐらして,枕飯,一本花,線香,灯明などの簡単な供物を上げるだけであったが,弔問者が多くなると,早く湯灌入棺をすませ,あらかじめ祭壇を飾りつけることが一般的になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つう‐や【通夜】

夜どおし。一晩じゅう。「通夜の宴」「通夜運行」
つや(通夜)

つ‐や【通夜】

死者を葬る前に家族・知人などが集まり、終夜なきがらのそばで過ごし、冥福(めいふく)を祈ること。おつや。
神社や仏堂にこもって終夜祈願すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

通夜【つうや】

通夜(つや)

通夜【つや】

〈つうや〉〈よとぎ〉とも。死者のそばで夜をあかすこと。喪屋(もや)の生活のなごりと考えられ,兵庫県や鳥取県の一部では,死者の配偶者または親や子が,一夜遺体に一つ蒲団(ふとん)で添い寝する習俗も近年までみられた。
→関連項目葬制

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

通夜

昔は死を確認する技術が稚拙であったので、死んだと判定された者が生き返る例が多かった。そこで死体の監視をする必要があり、それが通夜の儀式であった。一人で死体を監視するのは怖いもので、大勢で陽気に飲食をしながら通夜をした。通夜が故人の冥福を祈るまじめな儀式になったのは、近代になってから。最近は、内輪の者だけでする仮通夜と、一般の弔問を受ける本通夜の、二度の通夜が行われることが多い。もっとも、本通夜といっても、一般の弔問者は夜九時頃には帰る半通夜である。また、通夜に限らず葬送儀礼には地域差が大きい。北海道などでは、本葬よりも通夜の方が重要視されている。一般の弔問者は通夜に出た方がよいとされる。しかし、本来の通夜は、親族だけが行ったもの。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

葬儀辞典の解説

通夜

遺族、親族、知人が夜を徹して死者の霊を慰めるものです。近年、通夜に一般の弔問客を迎えるようになり、夏は7時、冬は6時頃から1、2時間程度行われる「半通夜」になっています。通夜は僧侶の読経で始まり、その間に焼香をします。参列者全員の焼香が済むと、通夜は終了します。=夜伽(よとぎ)

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つや【通夜】

(よとぎ)ともいい,近親者が死者のそばにあって一晩をあかすこと。現在では夜の7時ころに行う簡単な仏事をさしている。しかし,今でも最初の夜は仮通夜といい近親者のみで行い,2日目に本通夜を行うところがある(岐阜,滋賀)。山口県大島などでは,死者のかたわらで夜伽することを〈添寝〉といい,また,対馬の阿連では夜伽のことをドシといって,死者を入れた三隅蚊帳の外で,〈火がかり〉の者が寝たりするので,通夜は古代の喪屋のなごりであると考えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つうや【通夜】

夜通し。一晩中。徹夜。
つや(通夜) 」に同じ。

つや【通夜】

死者を葬る前に、親類・知人が集まり、死者とともに終夜過ごすこと。また、宵のうちに行う葬送の法要。お伽とぎ。夜伽。おつや。
寺社にこもって終夜祈願すること。 「下の御やしろに-したる夜/宇治拾遺 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

通夜の関連キーワードジョゼ イグレシアスワンデーセレモニーice candy通夜(つうや)死んでいない者(御)玉串料通夜振る舞い御法禮(礼)通夜(つや)通夜振舞会葬礼状御伽坊主しめやか高張提灯御回向料一晩中父の暦お花料天台宗家族葬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通夜の関連情報