コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗造/麁造 ソゾウ

デジタル大辞泉の解説

そ‐ぞう〔‐ザウ〕【粗造/×麁造】

[名・形動]粗末につくること。粗悪なつくり。また、そのさま。
「汽車まで旧式で、―で」〈藤村破戒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そぞう【粗造】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
粗雑な作り方。また、そのさま。粗雑に作ったものをもいう。粗製。 「 -な床とこの間、紙表具の軸/破戒 藤村

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

粗造/麁造の関連キーワード石製模造品口腔白板症歯石除去祭祀遺跡神経炎粗造り作り別業粗製

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android