コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五六 ゴロク

デジタル大辞泉の解説

ご‐ろく【五六】

双六(すごろく)やさいころばくちなどで、2個のさいの目が五と六と出ること。
五寸角、六寸角のような、太くしっかりした材木。
「大物(だいもつ)の―にて打ちつけたる桟敷」〈太平記・二七〉
縦が六幅(むの)、横が五幅(いつの)の、三畳間につる蚊帳。
「白むくを―の中でくけて居る」〈柳多留・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごろく【五六】

縦横がそれぞれ五寸と六寸の断面の角材。
間口六幅、奥行五幅の蚊帳。 「白無垢むくを-の中でくけて居る/柳多留 12

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五六の関連キーワードそっぺいが無い踏みごほめかすシェークスピア慶長一分判金弥勒竜華の朝大清一統志こほめかすカイラス山言寄せ妻刈り菰の恰もよし露の宿り笑ひ罵る夕去らずタロット手離れ草の庵言の慰潮舟の言の葉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五六の関連情報