コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粘い ネバイ

デジタル大辞泉の解説

ねば・い【粘い】

[形][文]ねば・し[ク]
粘りけが多い。粘り強い。
「近所から―・い土を見出して」〈菊池寛・俊寛〉
動作がのろい。重く鈍い。
「―・イ人」〈日葡
手にあまる。手ごわい。
「なんの―・い事はない」〈浮・曲三味線・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねばい【粘い】

( 形 ) [文] ク ねば・し
〔中世・近世の語〕
ねばりけが多い。よくねばる。ねばっこい。 「この松脂を取り入れて、いかにも-・くあやかれとて/狂言・松脂」
動作などが重く鈍い。のろのろしている。 「足元の-・いは三河者に極つたぞ/浄瑠璃・丹波与作
手ごわい。 「何の-・い事はない/浮世草子・風流曲三味線」 〔現在でも、関西地方その他で用いられる〕
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

粘いの関連キーワードコート(Henry Cort)エチレングリコールポリイソブチレン立体規則性重合体塩化アンチモンフェノール樹脂オーステナイトキシレン樹脂プラスチックエポキシ樹脂マルエージビスコース高分子化学ずり弾性率浮世草子バルサム唾液流れ樹脂松脂

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android