粘着力(読み)ネンチャクリョク

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ねばりつく力。
※舎密開宗(1837‐47)内「按に舎密親和〈遏費尼荅斯(アヲヒニタス)、舎密加〉は異類分の相引て親み和する力にして引力の一種に属す故に一に舎密引力と名く 凝聚力、黏着力と自ら差別あり」
② あきらめずに根気よくとりくむ気力。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉二八「事に臨んで団結するの粘着力(ネンチャクリョク)に乏しきは瞭かなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粘着力の関連情報