コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟屋帯刀 あわや たてわき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟屋帯刀 あわや-たてわき

?-1865 幕末の武士。
長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。保守派の撰鋒(せんぽう)隊をひきいて美禰郡(みねぐん)絵堂に陣をかまえ,赤間関に進軍しようとしたが,討幕派の奇兵隊,膺懲(ようちょう)隊,御楯隊の兵におそわれ,元治(げんじ)2年1月戦死した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の粟屋帯刀の言及

【大島[町]】より

…大畠瀬戸をはさんで本土の大畠町とを結ぶ大島大橋が1976年に完成し,屋代島の入口になった。干拓地の小松開作には元禄年間(1688‐1704)に粟屋帯刀によって開かれた塩田跡があり,塩の積出しなどにより,小松開作は港町として栄えた。島では珍しく沖積地が開け,米作が行われている。…

※「粟屋帯刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粟屋帯刀の関連キーワード大島[町]矢田部光浄

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android