コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤間関 あかまがせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤間関
あかまがせき

山口県下関市の旧名。「赤馬関」「馬関」ともいう。下関海峡の北岸に位置し,九州および大陸との交通の要地。平安時代,外国船接待のため臨海館がおかれ,鎌倉時代は元寇に備え長門探題がおかれた。江戸時代,西廻り廻船 (→北前船 ) が寄港し,上方と北国との中継商業地として繁栄した。 1889年市制施行。 1902年下関市と改称。赤間関は現在の下関市の中心部。安徳天皇を祀る赤間宮の先帝祭は古来有名。壇ノ浦古戦場,豊浦宮跡の忌宮神社,安徳天皇阿弥陀寺御陵,平家一門の墓,壇ノ浦砲台跡,長門鋳銭司跡,住吉神社,高杉晋作の墓など史跡も多い。 (→四国艦隊下関砲撃事件 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あかま‐が‐せき【赤間関】

山口県下関古称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤間関【あかまがせき】

山口県下関市の古名。赤馬とも書き,馬関(ばかん)と通称された。
→関連項目門司関離洛帖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかまがせき【赤間関】

下関の古名で,瀬戸内海西端に位置する海関海港。本州と九州を結ぶ関門海峡に面し,今川了俊が〈宇治早瀬よりも猶おちたき〉ると評した,潮流の静まるのを待たねば渡れないという地理的条件によって,関が置かれ,港として発展した。古代の長門関,下関はここを指すと思われる。鎌倉中期に長門国司が長門阿弥陀寺へ,船12艘分の関役を灯油料として寄進しており,律令時代から引き続いて長門国庁の支配下にあったことが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あかまがせき【赤間関】

下関の古名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤間関
あかまがせき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の赤間関の言及

【米問屋】より

…これら商人米は近畿各地などに販売されるとともに,江戸の下り米問屋に向けても回送されたわけである。中国地方では,赤間関(現,下関市)に東北・北陸地方の産米を取り扱う北米問屋が1798年(寛政10)ころに16軒あり,また,九州地方の産米および周辺産米を取り扱う万(よろず)問屋が多数あった。この両問屋は主に米を取引し,雑穀はじめ諸産物も取り扱っていた。…

【下関[市]】より

…人口25万9795(1995)。当初,赤間関(あかまがせき)市と称し,県内最初の市であったが,1902年下関市と改称した。響(ひびき)灘沿岸の綾羅木(あやらぎ)川下流には弥生時代の綾羅木郷遺跡や前方後円墳仁馬山(じんばやま)古墳をはじめ多くの遺跡があり,古代条里制の遺構も残っている。…

【山口[県]】より

…室町時代には,山口盆地に本拠をもつ大内氏が朝鮮や中国との貿易によって経済的基盤を築き,中央へも進出したが,この大内氏の繁栄も,防長両国の地理的条件に負うところが大きい。近世になって防長2国を領有した毛利氏は瀬戸内海沿岸の浅海を干拓して農地を開発し,米,塩の増産をすすめ,また内海航路の発達に伴って,赤間関(あかまがせき),三田尻,室積(むろづみ),上関(かみのせき),柳井などの港町が開け,なかでも赤間関(現在の下関)は長崎とともに西日本屈指の商港として繁栄した。 明治以降,山陽本線の下関までの開通(1901)によって,大陸への西日本の門戸としての地域性を強め,また北九州工業地帯の延長として,下関をはじめ内海沿岸各地に,重化学工業の展開をみた。…

※「赤間関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤間関の関連キーワード下関市立下関商業高等学校菊川(山口県の旧町名)熊谷五右衛門(初代)朝鮮通信使遺跡多々良浜の戦山口県下関市長州藩諸隊永富独嘯庵白石正一郎豊田[町]堀尾 卓司下関[市]錦小路頼徳日置[町]菊川[町]秋芳[町]耳なし芳一下関(市)帳合米商内美祢(市)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤間関の関連情報