粟島の(読み)あわしまの

  • あわしまの あはしま‥

精選版 日本国語大辞典の解説

同音の繰り返しで、動詞「逢ふ」の未然形「あは」にかかる。
※万葉(8C後)一五・三六三三「安波思麻能(アハシマノ)逢はじと思ふ妹にあれや安眠(やすい)も寝ずて我が恋ひ渡る」
[補注]粟島は瀬戸内海の島であろうが、所在不明。四国の阿波、その付近の島、紀伊の友が島の近く、など諸説がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粟島のの関連情報