コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟粔籹 アワオコシ

デジタル大辞泉の解説

あわ‐おこし〔あは‐〕【×粟粔籹】

糯粟(もちあわ)を蒸して煎(い)り、黒砂糖を用いて固めたもの。現在は、蒸して乾燥し煎って砕いた糯米水飴(みずあめ)とで作る。大阪の名物。岩おこし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

あわおこし【粟粔籹】

大阪の名物菓子。米を蒸して乾燥させるなどしたあと、細かい粒にし、砂糖みつや水あめで板状に固めたもの。◇米を用いて板状に作るものを、1752年(宝暦2)に津の国屋清兵衛が考案し、細かい米の粒があわのように見えることから名づけたとされる。清兵衛の店は現在「二ッ井戸 津の清(つのせ)」となっている。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あわおこし【粟粔籹】

糯粟もちあわを蒸して煎り、水飴みずあめまたは蜜みつで固めた菓子。大阪名物。岩おこし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

あわおこし【粟粔籹】


大阪の名物菓子。米を蒸して乾燥させるなどしたあと、細かい粒にし、砂糖みつや水あめで板状に固めたもの。◇米を用いて板状に作るものを、1752年(宝暦2)に津の国屋清兵衛が考案し、細かい米の粒があわのように見えることから名づけたとされる。清兵衛の店は現在「二ッ井戸 津の清(つのせ)」となっている。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

粟粔籹の関連キーワード糯粟