精子侵襲症(読み)せいししんしゅうしょう(英語表記)Spermatic Invasion

家庭医学館の解説

せいししんしゅうしょう【精子侵襲症 Spermatic Invasion】

[どんな病気か]
 精子が副睾丸(ふくこうがん)にある精管(せいかん)から周囲へもれ出たため、周囲に炎症のみられる肉芽(にくげ)ができたものです。
 20~30歳代に多いとされていて、副睾丸部にしこりを触れますが、治療の必要はありません。
 ただし、結核性副睾丸炎(けっかくせいふくこうがんえん)、副睾丸腫瘍(ふくこうがんしゅよう)などと見分けがつきにくい場合には、副睾丸を摘出して診断をはっきりさせることもあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android