精神発達遅滞の原因となる疾患(読み)せいしんはったつちたいのげんいんとなるしっかん

家庭医学館の解説

せいしんはったつちたいのげんいんとなるしっかん【精神発達遅滞の原因となる疾患】

●先天的な異常
 先天性代謝異常症(フェニルケトン尿症、メープルシロップ尿症、ヒスチジン尿症ガラクトース血症など)、染色体異常(ダウン症、結節性硬化症(けっせつせいこうかしょう)、クラインフェルター症候群ターナー症候群プラダー・ウィリー症候群など)、先天性内分泌疾患(クレチン症など)
●妊娠中の異常
 母体風疹(ふうしん)ウイルス・トキソプラズマ単純ヘルペスウイルス・梅毒などの感染、母体のさまざまな薬物の服用、母体のX線撮影など放射線被曝(ひばく)、母体のアルコール中毒や低栄養状態
分娩(ぶんべん)時の異常
 仮死分娩(かしぶんべん)・胎盤機能不全症候群(たいばんきのうふぜんしょうこうぐん)などによる無酸素症、分娩時外傷、核黄疸(かくおうだん)など
●後天的な異常
 脳炎、脳外傷、点頭てんかん、けいれん重積、脳腫瘍(のうしゅよう)など

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android