精肉(読み)セイニク

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 受胎後、六根がそなわらない分位の肉塊。
※古今集灌頂(室町)「発心胎蔵界、此母の精肉也、先衆生の胎内の五位者」
② よく選んだ品質の上等な肉。「精肉店」
※亜非利加内地三十五日間空中旅行(1883‐84)〈井上勤訳〉六「『ジョーヱ』は精肉(セイニク)の必要なることを説くと雖ども」 〔水滸伝‐第三回〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精肉の関連情報