コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糂粏/糝汰 ジンダ

1件 の用語解説(糂粏/糝汰の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じん‐だ【××粏/×糝汰】

ぬかみそ。じんだみそ。また、五斗味噌(ごとみそ)のこと。「―瓶(がめ)」
枝豆をゆでてすりつぶし、塩・酒・砂糖などで調味したもの。餅にからめたり、和(あ)え衣にしたりする。ずんだ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の糂粏/糝汰の言及

【ぬか(糠)】より

…材料の配合には諸説があるが,代表的なのはダイズ,ぬか,米こうじ,酒かす,塩を1斗ずつ用い,短期間に醸造したものであった。また,さらに古くはこれを糂粏(じんだ)と呼んだ。《徒然草》に〈後世を思はん者は,糂汰瓶一つも持つまじきことなり〉とあるのがこれで,汁やあえ物にし,あるいはそのまま食べたものであった。…

【ぬかみそ漬(糠味噌漬)】より

…別名を五斗みそといい,ダイズ,ぬか,米こうじ,酒かす,塩各1斗ずつを原料としたための名だというが,ダイズ2斗,ぬか2斗,塩1斗でつくるとしたものもある。増量材としてぬかを使ったもので,鎌倉時代には糂粏(じんだ)と呼び,広く一般に食用とされていたことが《沙石集》などで知ることができる。漬物用のぬかみそは,この糂粏から派生したかとも思われる。…

※「糂粏/糝汰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

糂粏/糝汰の関連キーワード糠味噌漬五斗味噌・後藤味噌駄味噌糠味噌糠味噌臭い糠味噌汁糠味噌女房五斗味噌糂粏味噌隣の粏糂味噌

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone