糠味噌(読み)ヌカミソ

デジタル大辞泉の解説

ぬか‐みそ【×糠味×噌】

に塩・水を加え、まぜ合わせて発酵させたもの。糠味噌漬けのもとになり、毎日かきまぜて空気を入れ、水分が多くなると新しく糠と塩を足していく。ぬかどこ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ぬかみそ【糠味噌】

米ぬか・塩・水を混ぜ、乳酸発酵させたもの。野菜などを漬け込んで漬物を作る。褐色でみそに似た質感があり、北九州などで煮物の調味料に用いることもある。◇「じんだ」ということもある。⇒ぬかみそ漬け

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぬかみそ【糠味噌】

米糠を塩水で練り、よくかきまぜて発酵させた漬け床。乳酸菌などが繁殖し、漬けこんだ野菜類に風味を加える。ぬかどこ。
五斗味噌」に同じ。
[句項目] 糠味噌が腐る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糠味噌の関連情報