温故知新書(読み)おんこちしんしょ

精選版 日本国語大辞典「温故知新書」の解説

おんこちしんしょ ヲンコチシン‥【温故知新書】

室町時代国語辞書。三巻。大伴広公著。文明一六年(一四八四成立。約一万三千項目につき、頭音を五十音で分類し、五十部それぞれを意味上、乾坤時候、気形、支体、態芸など一二項目に分類してある。五十音引き辞書としては最も古い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「温故知新書」の解説

温故知新書
おんこちしんしょ

大伴広公著。3冊。文明 16 (1484) 年成立。現存最古の五十音引きの国語辞書。ただし,見出し文字梵字で書かれている。内容上は『節用集』に似る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「温故知新書」の解説

おんこちしんしょ〔ヲンコチシンシヨ〕【温故知新書】

室町後期の国語辞書。3巻。大伴広公著。文明16年(1484)成立。日本最古の五十音引き辞書。節用集と共通する語も多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android