コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糖原性

栄養・生化学辞典の解説

糖原性

 ヒトや実験動物などに与えたときに血糖の増加をもたらす性質.糖以外の物質でグルコース合成,すなわち糖新生の材料となりうる性質.糖原性物質とは,例えばアミノ酸などで,代謝経路ピルビン酸クエン酸回路中間体を生成する物質をいう.またグリセロールも糖原性物質である.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

糖原性の関連キーワードケト原性アミノ酸糖性アミノ酸

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android