糖衣

デジタル大辞泉「糖衣」の解説

とう‐い〔タウ‐〕【糖衣】

薬剤を服用しやすくするために外側に施した、糖分を含む被膜。「糖衣錠」
チョコレートやゼリーなどの表面を覆う、砂糖でつくった硬い被膜。「糖衣菓子」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「糖衣」の解説

とう‐い タウ‥【糖衣】

〘名〙 薬剤などの不快な臭いを包み、また揮発成分が逃げないように、外側を糖分を含む賦形剤で覆って服用しやすくしたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の糖衣の言及

【上皮】より

…上皮細胞において腔に面する側を上部とよび,細胞質の突起である微絨毛(びじゆうもう)をもつことが多い。その表面を糖衣glycocalyxがおおっている。脊椎動物の器官形成において,上皮は神経管の形成など重要な役割を果たし,また上皮と間充織(間葉)の相互作用によってさらに高次な器官分化が導かれる。…

※「糖衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android