コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糠平[温泉] ぬかびら

1件 の用語解説(糠平[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぬかびら【糠平[温泉]】

北海道東部,十勝支庁上士幌町にある温泉。単純泉,38~60℃。糠平湖の南西畔の高台にあり,湖の見晴しがよい。大正年間に湯宿が開かれたころは森の中の温泉であったが,国鉄士幌線糠平駅が1937年開設され,56年糠平ダムのダム湖である糠平湖が完成し急速に発展した(士幌線は1987年,バス路線に変換)。層雲峡方面へ国道273号線,然別(しかりべつ)湖方面へも自動車道が通じ,冬季は糠平湖でのスケートや近くの国設糠平スキー場の基地としてにぎわう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

糠平[温泉]の関連キーワード地獄谷温泉十勝支庁十勝川糠平湖湯村温泉釧路十勝うらほろしほろ温泉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone