コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糠平[温泉] ぬかびら

世界大百科事典 第2版の解説

ぬかびら【糠平[温泉]】

北海道東部,十勝支庁上士幌町にある温泉。単純泉,38~60℃。糠平湖の南西畔の高台にあり,湖の見晴しがよい。大正年間に湯宿が開かれたころは森の中の温泉であったが,国鉄士幌線糠平駅が1937年開設され,56年糠平ダムのダム湖である糠平湖が完成し急速に発展した(士幌線は1987年,バス路線に変換)。層雲峡方面へ国道273号線,然別(しかりべつ)湖方面へも自動車道が通じ,冬季は糠平湖でのスケートや近くの国設糠平スキー場の基地としてにぎわう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android