コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糠平湖 ぬかびらこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糠平湖
ぬかびらこ

北海道中央部,上士幌 (かみしほろ) 町にある人造湖。面積 8.2km2。周囲約 33km。水深約 30m。湖面標高 520m。十勝川の支流音更 (おとふけ) 川上流に位置する発電用糠平ダム (1956完成) の建設に伴って生成された湖。湖水は発電に利用。コイ,ワカサギ,ニジマスなどの養殖が行われている。湖畔に糠平温泉があり,大雪山国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぬかびらこ【糠平湖】

北海道十勝支庁上士幌町にあるダム湖。1956年十勝川の支流音更(おとふけ)川に完成した糠平ダム(堤長290m,堤高76m,最大出力4万2000kW)の人造湖で,湛水面積8.2km2,有効貯水量1.6億m3。大雪山国立公園に属し,原生林に囲まれ,キャンプ,釣り,ボート,スケートの適地。南西岸に糠平温泉がある。国道273号線が通じる。【奥平 忠志】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕糠平湖(ぬかびらこ)


北海道中部、十勝(とかち)川水系音更(おとふけ)川上流部の糠平ダムによってできた人造湖。糠平ダムは、1956年(昭和31)完成の、電源開発専用のダムで、重力式コンクリートダム(堤高76m、堤長293m、面積8.22km2。総貯水容量1億9390m3)。下流に最大出力4万2000kWの糠平発電所がある。大雪山(だいせつざん)国立公園に属し、南西岸に東大雪博物館や糠平温泉、スキー場などがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糠平湖
ぬかびらこ

北海道中央部、十勝(とかち)総合振興局管内の上士幌(かみしほろ)町にある人造湖。十勝川支流の音更(おとふけ)川を糠平ダムによってせき止めたもの。ダムは電源開発を目的に1952年(昭和27)着工、1956年完成した重力式コンクリートダムで、高さ76メートル、堤頂長290メートル。湛水(たんすい)面積8.2平方キロメートル、有効貯水量1億6000トン、道内では雨竜(うりゅう)ダムに次ぐ容量をもち、地下水路で南東3キロメートルの糠平発電所(最大出力4万2000キロワット)に導かれる。大雪山(たいせつざん)国立公園に含まれ、周囲30キロメートルを超える湖岸は原生林に覆われた山々に囲まれ、釣り、ボートが楽しめ、国設野営場などの施設がある。南西岸西方には糠平温泉があり、スキー、登山、観光の基地ともなっている。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

糠平湖の関連キーワードウペペサンケ山上士幌(町)上士幌[町]糠平[温泉]岡本次郎ニジマスワカサギ音更川養殖湖水湖畔コイ

糠平湖の関連情報