コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸繰(り)歌 イトクリウタ

デジタル大辞泉の解説

いとくり‐うた【糸繰(り)歌】

民謡で、糸を紡ぎながらうたう仕事歌。糸取り歌。糸引き歌。紡ぎ歌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いとくりうた【糸繰歌】

煮た繭を糸車に掛けて糸を取る作業にうたう労作歌。綿から糸を糸縒(いとより)車に掛けて取るときにもうたい,糸縒歌,糸取歌,糸引歌などともいう。また,歯車仕掛で取っ手をまわしながら糸枠に糸を巻く座繰(ざぐり)機の発達から,これを使いながらうたう女工たちの座繰歌が生まれたが,機械化がすすむとともに衰退した。古い歌ほどテンポがゆるやかで〈糸は正直だよむらから切れる むらが無ければ切れやせぬ〉(群馬県勢多郡)ともうたわれ,また近代の製糸工場では過酷な労働に泣く女工たちが〈糸や切れるな 座繰よ回れ 晩の仕舞が遅くなる〉(同地方)などの文句をうたった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

糸繰(り)歌の関連キーワード民謡

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android