系・吊(読み)つり

  • つる

大辞林 第三版の解説

と同源。代々の系統、師弟関係などを線を引いてつりさげるように示したことからという
系図。つりがき。 大織はんの-あるにしてから町屋住ひの身は/浮世草子・永代蔵 6
系統。血統。血縁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「釣り」と同語源で、代々の系統や師弟の関係を線を引いてつりさげるように示すところからか)
① 系図。つりがき。
※石山本願寺日記‐宇野主水日記・天正一四年(1586)八月一六日「為御吊、使者竹村」
② 系統。血統。血縁。血族。
※俳諧・一息(1693か)「朝敵の同苗(ツリ)は社も戸締分ん」
〘名〙 血統。系統。系譜。つり。
※禅鳳雑談(1513頃)中「あの宮王禅珍などがつる、いくさきにて物しりがほにて候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android