紀伊の国(読み)きいのくに

百科事典マイペディアの解説

紀伊の国【きいのくに】

端唄,うた沢の曲名。幕末のころの作。作者不詳。江戸と紀州の稲荷神社の名を連ねて,キツネの嫁入りを扱ったもの。歌い出しは〈神おろしの祭文〉を用い,途中から気分を変えて洒落(しゃれ)気をみせている。端唄では後半に鳴物を入れる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android