コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀在昌 きの ありまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀在昌 きの-ありまさ

?-? 平安時代中期の漢詩人。
紀長谷雄(はせお)の孫。文章(もんじょう)博士をへて,天暦(てんりゃく)4年(950)冷泉(れいぜい)天皇の侍読となる。「本朝文粋」「類聚句題抄」「和漢朗詠集」などに作品がのっている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀在昌の関連キーワード紀長谷雄

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android