コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀岡前来目 きのおかざきのくめ

1件 の用語解説(紀岡前来目の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀岡前来目 きのおかざきのくめ

日本書紀」にみえる武人。
紀伊(きい)名草(なぐさ)郡岡前(和歌山市岡崎)を本拠とした来目(久米)氏とみられ,その名を欠く。紀小弓(おゆみ),大伴談(おおともの-かたり)らのひきいる新羅(しらぎ)(朝鮮)征討軍にくわわり,新羅軍を撃ちやぶった。残兵との戦闘で談とともに雄略天皇9年討ち死にしたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

紀岡前来目の関連キーワード荒河戸畔大伴津麻呂鹿我別膳巴提便春日娘子春日小野大樹吉備尾代吉備小梨草香部漢彦手置帆負神

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone