コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀小弓 きの おゆみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀小弓 きの-おゆみ

?-? 5世紀後半の武人。
紀大磐(おいわ)の父。雄略天皇9年蘇我韓子(そがの-からこ)らとともに新羅(しらぎ)(朝鮮)遠征の命をうけ,天皇から後妻としてあたえられた吉備上道大海(きびのかみつみちの-おおあま)をともなって出陣したが,陣中で病死した。帰国した大海は,天皇から和泉(いずみ)(大阪府)田身輪邑(たむわのむら)に墓所をおくられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀小弓の関連キーワード紀岡前来目大伴談紀大磐将軍

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android