コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀州の馴れ鮓 きしゅうのなれずし

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

きしゅうのなれずし【紀州の馴れ鮓】


和歌山の郷土料理で、さば・さんま・あじ・あゆなどを用いたなれずし塩漬けにした魚を飯にのせ、笹やあせなどの葉で巻いて桶に詰め、重しをして数週間おく。これは酢を使わずに乳酸発酵により酸味をもたせた「本なれ」といわれるもので、ほかに、乳酸発酵ではなく、酢で締めた魚と酢飯で作る「早なれ」「早ずし」と呼ばれるものがある。当地では、さばを用いた早ずしを和歌山ラーメンといっしょに食べる習慣がある。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android