コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀州の馴れ鮓 きしゅうのなれずし

1件 の用語解説(紀州の馴れ鮓の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

きしゅうのなれずし【紀州の馴れ鮓】


和歌山郷土料理で、さば・さんま・あじ・あゆなどを用いたなれずし。塩漬けにした魚を飯にのせ、笹やあせなどの葉で巻いて桶に詰め、重しをして数週間おく。これは酢を使わずに乳酸発酵により酸味をもたせた「本なれ」といわれるもので、ほかに、乳酸発酵ではなく、酢で締めた魚と酢飯で作る「早なれ」「早ずし」と呼ばれるものがある。当地では、さばを用いた早ずしを和歌山ラーメンといっしょに食べる習慣がある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀州の馴れ鮓の関連キーワード釘煮鯖鮨豚骨芋串じぶ煮さばトラななちゃん貝焼き和歌山県和歌山市卜半町和歌山県和歌山市本町和歌山県和歌山市湊本町

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone