コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀忍人 きの おしひと

1件 の用語解説(紀忍人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀忍人 きの-おしひと

?-? 飛鳥(あすか)時代の人。
推古(すいこ)天皇の時代に伊予(いよ)(愛媛県)に派遣された紀博世(ひろよ)の孫。在地の越智(おち)氏の娘との間に生まれた在手(ありて)が,天智(てんじ)天皇9年(670)の「庚午年籍(こうごねんじゃく)」(日本最初の戸籍)にあやまって母方の氏で記載された。5世孫の越智広川ら5人が上申してもとの紀氏を許可されたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

紀忍人の関連キーワード飛鳥井頼孝飛鳥文化飛鳥京飛鳥京跡推古時代飛鳥の蘇大阪府羽曳野市飛鳥奈良県高市郡明日香村飛鳥飛鳥井曾衣飛鳥井雅顕

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone