コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越智 えち

3件 の用語解説(越智の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

越智 えち

?-? 室町時代の能面師。
十作(じっさく)といわれる名手のひとり。世阿弥(ぜあみ)の「申楽(さるがく)談儀」によれば,近江(おうみ)(滋賀県)愛智(えち)郡の人で,女面を得意としたという。越智作とされる女面は現在もおおくのこっているが,その真偽は不明。一群の作家名とする説もある。名は愛智ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

えち【越智】

能面作家。生没年不詳。世阿弥の《申楽(さるがく)談儀》などから,室町初期に滋賀県愛智郡にいた作家と想定されるので,愛智とも書かれる。近世の能楽伝書類では,〈十作〉の一人にかぞえ,南北朝時代には,現在の大阪府貝塚市あたりの人のように伝えている。女面を得意としたようで,現在彼の作と伝える女面が多くのこっているが,それらの真偽は明確でない。【田辺 三郎助】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おち【越智】

姓氏の一。
中世、伊予国の豪族。瀬戸内の水運で河野・土居・得能などの一族とともに繁栄した。
中世、大和国南部の豪族。高市郡越智城を拠点とし、応仁の乱後南大和をほぼ統一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越智の関連キーワード世阿弥十六部集三光坊増阿弥竜右衛門面打ち小牛赤鶴槌太夫喜阿弥大幸坊幸賢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

越智の関連情報