越智(読み)えち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

越智 えち

?-? 室町時代の能面師。
十作(じっさく)といわれる名手のひとり。世阿弥(ぜあみ)の「申楽(さるがく)談儀」によれば,近江(おうみ)(滋賀県)愛智(えち)郡の人で,女面を得意としたという。越智作とされる女面は現在もおおくのこっているが,その真偽は不明。一群の作家名とする説もある。名は愛智ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えち【越智】

能面作家。生没年不詳。世阿弥の《申楽(さるがく)談儀》などから,室町初期に滋賀県愛智郡にいた作家と想定されるので,愛智とも書かれる。近世の能楽伝書類では,〈十作〉の一人にかぞえ,南北朝時代には,現在の大阪府貝塚市あたりの人のように伝えている。女面を得意としたようで,現在彼の作と伝える女面が多くのこっているが,それらの真偽は明確でない。【田辺 三郎助】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おち【越智】

姓氏の一。
中世、伊予国の豪族。瀬戸内の水運で河野・土居・得能などの一族とともに繁栄した。
中世、大和国南部の豪族。高市郡越智城を拠点とし、応仁の乱後南大和をほぼ統一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越智の関連情報