コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀木津魚 きの こつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀木津魚 きの-こつお

?-? 奈良-平安時代前期の官吏。
紀飯麻呂(いいまろ)の子。紀百継(ももつぐ)・魚員(いおかず)(平城(へいぜい)天皇妃)の父。宝亀(ほうき)年間(770-780)に山部王(桓武(かんむ)天皇)の病気平癒のため,紀勝長らと四天王像をつくる。美濃守(みののかみ),右兵衛督(うひょうえのかみ),内匠頭(たくみのかみ)を歴任。延暦(えんりゃく)12年(793)桓武天皇遊猟の供をし,15年以前に死去。名は「きづいお」ともよみ,木津雄ともかく。

紀木津魚 きの-きづいお

きの-こつお

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀木津魚の関連キーワード紀魚員紀乙魚

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android