山部王(読み)やまべのおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山部王 やまべのおう

?-672 飛鳥(あすか)時代の豪族。
壬申(じんしん)の乱の際,大海人(おおあまの)皇子(のちの天武天皇)側に帰順するはずであったが機会をうしない,近江(おうみ)朝廷側にとどまって不破(ふわ)攻略戦にくわわる。天武天皇元年7月2日ごろ,陣中蘇我果安(そがの-はたやす)らに殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山部王の言及

【桓武天皇】より

…在位781‐806年。光仁天皇を父とし,高野新笠を母として生まれ,名を山部(やまべ)王といった。父は天智天皇の孫,施基(しき)皇子の子で白壁(しらかべ)王といい,天武系皇統の世に官人として仕え,大納言に昇ったが,770年(宝亀1)称徳天皇が没したとき,62歳で皇位を継承した。…

※「山部王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android