山部王(読み)やまべのおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山部王 やまべのおう

?-672 飛鳥(あすか)時代の豪族。
壬申(じんしん)の乱の際,大海人(おおあまの)皇子(のちの天武天皇)側に帰順するはずであったが機会をうしない,近江(おうみ)朝廷側にとどまって不破(ふわ)攻略戦にくわわる。天武天皇元年7月2日ごろ,陣中で蘇我果安(そがの-はたやす)らに殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山部王の言及

【桓武天皇】より

…在位781‐806年。光仁天皇を父とし,高野新笠を母として生まれ,名を山部(やまべ)王といった。父は天智天皇の孫,施基(しき)皇子の子で白壁(しらかべ)王といい,天武系皇統の世に官人として仕え,大納言に昇ったが,770年(宝亀1)称徳天皇が没したとき,62歳で皇位を継承した。…

※「山部王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android