コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀牟良自 きの むらじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀牟良自 きの-むらじ

?-? 奈良時代の武人。
神亀(じんき)元年(724)陸奥(むつ)で蝦夷(えみし)の反乱がおきたとき,持節大将軍藤原宇合(うまかい)のもとで功をあげ,勲六等と田2町をさずかる。天平(てんぴょう)9年(737)陸奥-出羽(でわ)間の直通路開通のため特派された持節大使藤原麻呂(まろ)の判官(じょう)となり,鎮守将軍大野東人(あずまひと)にしたがって行軍した。名は武良士ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android