コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀牟良自 きの むらじ

1件 の用語解説(紀牟良自の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀牟良自 きの-むらじ

?-? 奈良時代の武人。
神亀(じんき)元年(724)陸奥(むつ)で蝦夷(えみし)の反乱がおきたとき,持節大将軍藤原宇合(うまかい)のもとで功をあげ,勲六等と田2町をさずかる。天平(てんぴょう)9年(737)陸奥-出羽(でわ)間の直通路開通のため特派された持節大使藤原麻呂(まろ)の判官(じょう)となり,鎮守将軍大野東人(あずまひと)にしたがって行軍した。名は武良士ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone