コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀牟良自 きの むらじ

1件 の用語解説(紀牟良自の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀牟良自 きの-むらじ

?-? 奈良時代の武人。
神亀(じんき)元年(724)陸奥(むつ)で蝦夷(えみし)の反乱がおきたとき,持節大将軍藤原宇合(うまかい)のもとで功をあげ,勲六等と田2町をさずかる。天平(てんぴょう)9年(737)陸奥-出羽(でわ)間の直通路開通のため特派された持節大使藤原麻呂(まろ)の判官(じょう)となり,鎮守将軍大野東人(あずまひと)にしたがって行軍した。名は武良士ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

紀牟良自の関連キーワード通観武人小鯛王小治田広耳小治田安麻呂鉤取王稽文会佐伯児屋麻呂泰演(1)三宅麻佐

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone