コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀真象 きの まかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀真象 きの-まかた

?-? 奈良時代の官吏。
駿河介(するがのすけ)。天平宝字(てんぴょうほうじ)元年(757)の文章生(もんじょうしょう)のときの対策文(国家試験の答案)が「経国(けいこく)集」にある。「戦わずして新羅(しらぎ)を服従させる方策いかん」という時事問題など2問にこたえて試験に合格したとみられ,大初位(そい)上から正六位上に昇進している。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

紀真象の関連キーワード奈良時代官吏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android