コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀豊城 きの とよき

1件 の用語解説(紀豊城の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀豊城 きの-とよき

?-? 平安時代前期の人。
伴善男(ともの-よしお)の従者。貞観(じょうがん)8年(866)応天門の炎上で源信(まこと)を告発した善男が,一転して放火犯にされたとき,共謀者のひとりとして安房(あわ)(千葉県)に遠流となった。事件の陰には藤原良房(よしふさ)の手がはたらいたといわれるが,真相は不明。異母兄紀夏井(なつい)ら8人も縁戚(えんせき)ゆえに流され,伴氏・紀氏は勢力をうしなった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

紀豊城の関連キーワード生江恒山大宅鷹取清瀬宮継佐伯豊雄伴河男伴清縄伴常雄伴中庸二条(1)土師忠道

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone