コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀豊城 きの とよき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀豊城 きの-とよき

?-? 平安時代前期の人。
伴善男(ともの-よしお)の従者貞観(じょうがん)8年(866)応天門の炎上で源信(まこと)を告発した善男が,一転して放火犯にされたとき,共謀者のひとりとして安房(あわ)(千葉県)に遠流となった。事件の陰には藤原良房(よしふさ)の手がはたらいたといわれるが,真相は不明。異母兄紀夏井(なつい)ら8人も縁戚(えんせき)ゆえに流され,伴氏・紀氏は勢力をうしなった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

紀豊城の関連キーワード伴善男

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android