コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真相 シンソウ

大辞林 第三版の解説

しんそう【真相】

物事の本当の姿や様子。真実の事態。 「 -を究明する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真相
しんそう
(?―1525)

室町後期の画家。号は松雪斎、鑑岳。将軍足利義政(あしかがよしまさ)に仕えた同朋衆(どうぼうしゅう)で、相阿弥(そうあみ)とも称した。真能(能阿弥)の孫、真芸(芸阿弥)の子で、いわゆる三阿弥の一人。祖父、父と同様、将軍家関係の書画・唐物(からもの)の鑑定や座敷飾り、連歌(れんが)など多方面に才能を発揮、作庭にも従事した。唐物奉行(ぶぎょう)として3代の阿弥の仕事の集大成ともいうべき『君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)』は相阿弥の尽力によるものである。画は牧谿(もっけい)様を慕い、また能阿弥の作風をも継承して阿弥派の画風を完成した。それは柔らかな筆致と濃淡の墨色の変化を巧みに使った湿潤なもので、日本的情感を画面に盛り込むことに成功した。代表作に『瀟湘八景図襖絵(しょうしょうはっけいずふすまえ)』(1513、京都・大仙院)や『山水図屏風(びょうぶ)』(メトロポリタン美術館)などがある。[榊原 悟]
『衛藤駿著『日本美術絵画全集6 相阿弥/祥啓』(1981・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の真相の言及

【相阿弥】より

芸阿弥の子。姓名は中尾真相。松雪斎,鑑岳と号す。…

※「真相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

真相の関連キーワード明香ちゃんの心臓/〈検証〉東京女子医大病院事件True Detective 二人の刑事シーケンシャルインタビュースリーピング・マーダー奥を聞こうより口聞けそして扉が閉ざされたミスディレクション化けの皮が剝がれる暗がりに鬼を繫ぐ藪の中・薮の中モルグ街の殺人知る由も無い意地に掛かる象は忘れない金田一耕助胸に納める確かめる穿ち過ぎ検視法廷諸説紛紛

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真相の関連情報