コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅屋宗陽 べにや そうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紅屋宗陽 べにや-そうよう

?-? 戦国-織豊時代の商人,茶人。
堺(さかい)の町政を運営した会合衆(えごうしゅう)のひとり。武野紹鴎(たけの-じょうおう)の門人で,茶事をたびたびもよおした。天正(てんしょう)11年(1583)豊臣秀吉より闕所(けっしょ)処分をうけ,所有していた紅屋肩衝(かたつき)・虚堂(きどう)墨跡を没収され,以後消息をたった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

紅屋宗陽の関連キーワード茶人

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android