コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武野紹鴎 たけの じょうおう

7件 の用語解説(武野紹鴎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

武野紹鴎

室町後期の茶人・豪商。幼名は吉野・松菊丸、通称は新五郎、道号は一閑。茶の湯を藤田宗理・十四屋宗悟らから学ぶ。また三条西実隆に古典・和歌を学び、著名連歌師とも親交した。31才で剃髪、紹鴎と号する。京都四条に茶室大黒庵を設け、村田珠光の提唱した侘び茶の道を更におしすすめて次代の千利休らに深い影響を及ぼした。弘治元年(1555)歿、53才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たけの‐じょうおう〔‐ゼウオウ〕【武野紹鴎】

[1502~1555]室町後期の富商・茶人。の人。号、一閑居士・大黒庵。歌学を三条西実隆に学ぶ。茶の湯では村田珠光孫弟子にあたり、佗(わ)びの境地を確立、千利休津田宗及今井宗久らの門弟を養成した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

武野紹鴎【たけのじょうおう】

室町末期の茶人。通称新五郎。号は一閑居士,大黒庵。堺の人。村田珠光に学び,3畳・2畳半の茶室を創作し,侘茶(わびちゃ)の精神を千利休津田宗及らに伝えた。
→関連項目今井宗久京釜信楽焼草庵茶道西村道仁備前焼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武野紹鴎 たけの-じょうおう

1502-1555 戦国時代の茶人。
文亀(ぶんき)2年生まれ。父信久は堺の有力町衆。はじめ京都で三条西実隆に和歌,連歌を,のち茶の湯を村田珠光(じゅこう)の門人村田宗珠,十四屋(じゅうしや)宗伍らにまなぶ。珠光の侘茶(わびちゃ)をひろめ,門人に千利休,今井宗久,津田宗及らがいる。弘治(こうじ)元年閏(うるう)10月29日死去。54歳。名は仲材。通称は新五郎。号は一閑,大黒庵。
【格言など】正直に慎しみ深く,おごらぬさまを,侘びという(「石洲流秘事五箇条」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

武野紹鴎

没年:弘治1.閏10.29(1555.12.12)
生年:文亀2(1502)
室町時代の茶湯者,堺の豪商。父は信久,母は大和の豪族中坊氏の娘。大和国吉野郡に生まれる。名は仲材,通称新五郎,紹鴎は法号,一閑を道号とし,大黒庵と号した。村田珠光の提唱した侘び茶の湯を憧憬し,これに三条西実隆のもとで学んだ日本古典学を導入して,喫茶文化の国風化に成功した。父信久は11歳のとき応仁の乱に際会して親族を失い,大和国の豪族中坊氏の庇護を受ける。その後信久は同族の三好氏の勢力下にあった泉州堺に移り,武具製造に必要な皮革を商って財をなし,併せて都市国家堺の町人として軍事面で指導的な役割を担った。さらに紹鴎(新五郎)が24歳になったとき,京都四条室町上ル(現在金剛流宗家)に屋敷を構えさせ,財力を背景として紹鴎の栄達をはかり,29歳のとき従五位下因幡守の官位を得た。 紹鴎はこれに先立つ27歳のときから,当時の学問の権威三条西実隆に参伺してその指導を受けること10年,連歌文芸への傾斜を深めた。しかし『実隆公記』には本願寺について出陣したとの記述もあり,軍人としての活動も知られる。32歳で剃髪,脱俗を志向。孫の宗朝の自筆稿本『尾張雑集』に,大徳寺古岳宗亘に参禅したとある。当時下京にあって村田宗珠,宗理など,珠光を継承する数寄者が市中の隠遁を追求していたが,この新しい文化に関心を深め,実隆に学んだ定家崇拝に基づく和学の教養を注入して,侘び茶の湯の思想的な背景を形成する。その内容は『南方録』『山上宗二記』『紹鴎侘の文』によって知ることができる。「紹鴎茄子」など60種もの名物を所蔵する富豪である一方で,無一物の境涯を理想とし,紹鴎の侘びは富裕と簡素の両極の間を楽しむことにあった。36歳で父と師実隆を失うと古岳の法嗣大林宗套を法援し,堺に南宗寺が建立された。これによって堺に大徳寺禅が興隆した。茶の湯の門人に千利休,津田宗及,山岡宗無,女婿今井宗久などがあり,彼らは信長・秀吉の政権下で,堺を代表する群像として大きな活躍を示した。墓は堺の臨江寺にある。<参考文献>戸田勝久『武野紹鴎研究』

(戸田勝久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武野紹鴎
たけのじょうおう

[生]文亀2(1502).堺
[没]弘治1(1555).閏10.29. 京都
室町時代末期の茶人。若狭国守護の武田氏の子孫。父の代に堺に移住し姓を武野と改めた。名は仲村,通称新五郎。京都に出て三条西実隆に歌道を学び,連歌にも長じた。従五位下因幡守に叙任せられたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武野紹鴎
たけのじょうおう
(1502―1555)

戦国時代の堺(さかい)の豪商、茶の湯名人。若狭(わかさ)守護武田氏の後裔(こうえい)で、父信久のとき堺に来住したと伝えるが、不詳。名は新五郎、仲材といい、居士(こじ)号を一閑(いっかん)と称す。舳松(へのまつ)町に住み皮革を家業とした。30歳までは連歌(れんが)師であったといい、その間1528年(大永8)3月以来、当代の代表的な文化人であった三条西実隆(さんじょうにしさねたか)に師事して古典を学び、『詠歌大概(えいがのたいがい)』(藤原定家(ていか)著、歌論書)の序の部分の講釈を受けていたとき、茶の湯について悟るところがあったという。京都では下京(しもぎょう)四条、夷堂(えびすどう)の隣に居を構え大黒庵と号した。連歌師心敬(しんけい)の説く枯淡の美を茶の湯に取り入れ、四畳半茶室を基本とする草庵茶の湯の発展に指導的な役割を果たしたが、名物道具を多数所持したことからもうかがわれるように、わび茶への過渡期に位置づけられる。女婿(じょせい)の今井宗久(そうきゅう)をはじめ、津田宗及(そうきゅう)、田中宗易(千利休(せんのりきゅう))らの師。和泉(いずみ)南宗寺の大林宗套(だいりんそうとう)に参禅し、これが茶人参禅の風を生む一方、茶禅一味(ちゃぜんいちみ)が説かれるようにもなった。天文(てんぶん)24年10月没。享年54。墓は南宗寺境内にある。[村井康彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武野紹鴎の関連キーワード今井宗久万代屋宗安津田宗達天王寺屋角倉意雲谷宗臨津田宗柏天王寺屋道叱与五郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武野紹鴎の関連情報