紅梅織(読み)こうばいおり

百科事典マイペディアの解説

紅梅織【こうばいおり】

高配織,勾配織とも書く。地糸より太い糸を一定の間隔を置いて織り込み,格子や縞(しま)を浮き出させた織物。もと東京の青梅(おうめ)地方が主産地だったので四つ入青梅ともいう。綿や絹織物が多いが近年は化繊,合繊もある。模様を捺染(なっせん)して夏の着物地とするが,薄地のものは婦人服地にもする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android