青梅(読み)アオウメ

デジタル大辞泉の解説

あお‐うめ〔あを‐〕【青梅】

まだよく熟さない、青くて硬い梅の実。実梅(みうめ)。 夏》「―に眉あつめたる美人かな/蕪村
香の名で、沈香(じんこう)の一。酸っぱく苦い感じの香りで、青梅の風味があるところからいう。

おうめ〔あをめ〕【青梅】

東京都北西部の市。多摩川谷口集落青梅街道宿駅として発展。戦前まで青梅縞産地御岳(みたけ)渓流は江戸以来の上水道源。人口13.9万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおうめ【青梅】

熟していない青い梅の実。 [季] 夏。

おうめ【青梅】

東京都北西部、多摩川中流域の市。近世、青梅街道の宿場町から発達。機業が盛んであった。青梅マラソンは有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あお‐うめ あを‥【青梅】

〘名〙
① まだよく熟していない、青色の梅の実。《・夏》
※御湯殿上日記‐文明一〇年(1478)六月一八日「きたのの御し。あをむめまいらする」
② 香木の名。分類は伽羅(きゃら)。香味は苦酸。六十一種名香の一つ。せいばい。〔名香聞之事(伝天正元年)〕

おうめ あをめ【青梅】

[1] 〘名〙 (「あおうめ(青梅)」の変化した語)
① 青い梅。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 「おうめじま(青梅縞)①」の略。
※談義本・当世下手談義(1752)三「六尺斗の大男が、市松染のほうかぶり、青梅(アフメ)の布子に、うこん染の木綿繻伴」
[2] 東京都西北部の地名。多摩川が関東山地から武蔵野台地に流れ出る所に発達した谷口集落。青梅街道の宿駅。かつては、青梅縞など綿織物の産地。昭和二六年(一九五一)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の青梅の言及

【市】より

…こうした商品を市に持ち出すものとして生産者のほかに専門の商人がいた。1675年の武蔵国多摩郡新町村(青梅市新町)の市へは,たかみせ衆,いもうじ衆,大物衆,かぞ売衆,石売衆,塩売衆,酒売衆,あい物衆が出ることが見込まれていた。やや後になるが1742年(寛保2)に設立されることになった甲斐国都留郡上野原宿の市では,細座(糸,繭,蚕種),高見世座,鍛冶座,紙座,麻座,大物座,穀座,肴座,茶座,塩座,薪竹長木木皮座に座割りしている。…

※「青梅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青梅の関連情報