コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅筆おつた べにふで おつた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紅筆おつた べにふで-おつた

?-? 江戸時代中期の女性。
江戸下谷広徳寺門前の筆屋の娘。父の死後,母とともに商いに従事。客をよぶために穂先をなめて口紅のついた筆で自分の手のひらに字をかいてみせ,これが評判となり客がふえた。のちあくどいやり方で金をまきあげたため,悪名がたち相手にされなくなったという。享保(きょうほう)年間(1716-36)に19歳で死去したとつたえられる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android