悪名(読み)アクミョウ

デジタル大辞泉の解説

あく‐みょう〔‐ミヤウ〕【悪名】

あくめい(悪名)」に同じ。
悪事を働いた者。また、その悪事。
「是も新九郎―にまぎれなく」〈浮・武家義理・六〉
[補説]書名別項。→悪名

あく‐めい【悪名】

悪い評判。よからぬうわさ。あくみょう。「悪名が高い」

あくみょう【悪名】[書名]

今東光の小説。昭和35年(1960)から昭和36年(1961)「週刊朝日」誌に連載。河内生まれの若者を主人公とする任侠(にんきょう)もの。昭和36年(1961)、勝新太郎田宮二郎の共演により映画化され、以後シリーズ化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あくみょう【悪名】

あくめい(悪名)」に同じ。
悪事を働いた者。また、その悪事。 「是も新九郎-にまぎれなく/浮世草子・武家義理物語 6

あくめい【悪名】

悪い評判。よくないうわさ。あくみょう。 「 -が高い」 「 -をはせる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あく‐みょう ‥ミャウ【悪名】

① 悪いうわさ・評判。悪評。あくめい。
※将門記(940頃か)「前生の貧しき報いを憂へず。但し悪名の後に流(つたは)るを吟(によ)ぶ」
※日葡辞書(1603‐04)「Acumiǒuo(アクミャウヲ) タツル」 〔春秋左伝‐文公一八年〕
悪事を働いた者。また、その悪事。あくめい。
※金沢文庫古文書‐嘉暦四年(1329)六月一四日・加賀国軽海郷公文百姓等起請文(七・五三六八)「ぬす人かうたうの悪名候はは」

あく‐めい【悪名】

〘名〙 (古くは、多く「あくみょう」)
野分(1907)〈夏目漱石〉八「結果は悪名(アクメイ)にならうと〈略〉仕方がない」
※梅津政景日記‐慶長一七年(1612)三月二五日「右之あくめい闕所之道具、見出し候山廻にほうびに出し申候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

悪名の関連情報