紅葉の橋(読み)モミジノハシ

大辞林 第三版の解説

もみじのはし【紅葉の橋】

天河紅葉を橋に渡せばやたなばたつめの秋をしもまつ/古今 秋上による
天の川に渡す橋。 星あひの夕べ涼しき天の川-を渡る秋風/新古今 秋上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もみじ【紅葉】 の 橋(はし)

① (「古今‐秋上」の、「天河もみぢをはしにわたせばやたなばたつめの秋をしも待つ〈よみ人しらず〉」による) 天の川にかかっているという、想像上の美しい橋。《・秋》
※宇津保(970‐999頃)「もみぢのはしはいかにぞ」
紅葉の散りたまっている山中の橋。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android