紅輪花(読み)コウリンカ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紅輪花 (コウリンカ)

学名:Senecio flammeus var.flabrifolius
植物。キク科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうりん‐か ‥クヮ【紅輪花】

〘名〙 キク科の多年草。本州、九州の日当たりのよい山地の草原に生える。茎は直立し高さ三〇~六〇センチメートルで分枝しない。根出葉はさじ形、茎葉は披針形で互生し基部は茎を抱く。夏から秋に、茎頂に数個の頭状花を散房状につける。舌状花は濃赤橙色で一〇~一五個あり、線形で車輪状に下垂する。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android