紋提灯(読み)もんぢょうちん

精選版 日本国語大辞典「紋提灯」の解説

もん‐ぢょうちん ‥ヂャウチン【紋提灯】

〘名〙 紋所をつけた提灯定紋を書いた提灯。
浮世草子・好色一代男(1682)七「紋挑灯(モンチャウチン)瞿麦(なでしこ)、今に替らぬか、とよりの悪口」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android