素引(読み)すびき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 弓に矢をつがえないで試みに引くこと。弓の強さなどをためすために弦だけを引くこと。
※名語記(1275)八「弓に矢もはけさる すひき如何。そらひきのそら、反りて、さ也。さをすと、いひなせる也」
※太平記(14C後)一七「其後百矢二腰取寄て、張がへの弓の寸引(スビキ)して」
② 太刀、竹刀(しない)などを振ること。素振りすること。
※浄瑠璃・伊豆院宣源氏鏡(1741)五「箱王竹刀素引(スビキ)して」
③ 縄などをしごくこと。
※浄瑠璃・源平布引滝(1749)四「用意の早縄すびきしてずっと寄るを寄付ぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android